MENU

小川産婦人科

当院について

Our Hospital

女性の日常を笑顔で彩る
×
全ての母子の笑顔と幸せの為に

初診予約
再診予約
お問い合わせ

Clinic当院について

Greetingご挨拶

理事長・小川産婦人科院長
室谷 毅
理事・助産師
室谷 美規

MESSAGE

2019年4月26日より小川産婦人科の5代目院長となりました室谷毅と申します。
令和という新しい時代に、100年間平野の地で母子の幸せに貢献してきた小川産婦人科を継承させて頂いたことに感謝し、地域の皆様に更に誠心誠意貢献していく所存です。

私はいくつもの困難を乗り越えながら、未来を担う子どもたちを育む母親という存在のお役に立ちたいと考えて、産婦人科医を志し、妊娠・出産の世界に魅せられました。
これまで、年間出生数が約1300の総合病院で産婦人科医として働いてきたなかで、病院を訪れる女性お一人おひとりにより深く関わり、さらに素晴らしい人生を歩むお手伝いをしたいと考えるようになり、小川産婦人科を引き継ぎました。

当院では地域の妊婦の皆様やそのご家族が安心できる医療のご提供をめざし、訪れる皆様が自己重要感を満たせる愛情あふれる場所にしていきたいと考えております。

そして、新しい生命の誕生を迎えた皆様がこれからの未来に期待し、ワクワクする日々を送れるよう精一杯お手伝いいたします。

また、婦人科の症状や病気は、女性が豊かな人生を過ごすうえで重大な問題です。
当院では女性が自分らしく豊かな一生を歩むサポートをすることを目標に、妊娠・出産のケアだけでなく、その後一生涯にわたる女性の健康維持にも注力していきます。

蓮華は泥の中に咲く美しい花です。人間の一生の中で苦しみを感じないことはないと言われておりますが、「希望というのは苦しみから生まれる」という言葉もあります。
泥(苦しみ)の中から美しい蓮華(希望〉を咲かせることをお手伝いするのが当院の目的です。

令和という時代には一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができるようにという願いが込められております。

当院を訪れる皆様にとって、いま以上に自分らしく生きるきっかけとなれるようスタッフ一丸となって
全力でサポートさせて頂きますので何卒よろしくお願い申し上げます。

小川産婦人科 院長

室谷 毅

プロフィール

  • 京都府立医科大学卒業
  • 大阪府立急性期総合医療センター、ベルランド総合病院に勤務。
  • オーク住吉産婦人科、PL病院、聖バルナバ病院などに非常勤医師として勤務。

資格

  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
  • 母体保護法指定医
  • 日本周産期・新生児医学会所属
  • 日本生殖医学会所属
  • 日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法専門コースインストラクター
  • 日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)認定ベーシックコースインストラクター
  • 日本産婦人科学会認定ヘルスケアドバイザー
  • 厚生労働省 緩和ケア研修 修了

師長あいさつ

小川産婦人科の師長の真砂美恵です。
小川産婦人科にお世話になって4年目をむかえようとしております。100年続いてきたこの小川産婦人科で師長として働けることをとても誇りに思っております。
出産は、女性にとって何度とない、とても大切な感動の一瞬です。 最高の喜びの瞬間を迎えることができるよう、精一杯サポートさせて頂きます。妊娠期間中からできるだけお話しできる時間を取って不安や悩みがなく過ごせるよう、お一人お一人と深くかかわっていきたいと思います。
また、出産後の育児においてもお母様が気軽に来院してご相談して頂ける関係を築きたいと考えております。育児の経験がない若いお母様や地域に知り合いが無く一人で頑張っておられるお母様、子育てに悩まれているお母様の強い味方でありたいと思っております。
これからも地域の皆様に愛される、また必要とされる病院であり続けるよう、スタッフ一同精一杯頑張ります。
今後ともご支援賜りますようお願いいたします。

看護師長

真砂 美恵

Policy診療方針

お母さんを豊かな
感情で満たすこと

OUR CREDO

  1. 私たちは、Our Credoの価値観を受け入れ、それに基づき判断、行動します。Our Credoは小川産婦人科スタッフの信条です。
  2. 私たちは、全ての女性と赤ちゃんに、共感的で尊厳と敬意を持って関わります。
  3. 私たちは、「giveの愛」を基準に物事を考えます。
  4. 私たちは、どんな困難な状況でも希望を見出し行動し続けます。
  5. 私たちは、常に自己研鑽し、安心・安全の医療を提供します。
  6. 私たちはできるできないかで判断するのでは無く、ワクワクするかしないかで行動指針を決め、可能性を信じて誠心誠意取り組みます。
  7. 私たちは、お母さんの個性や対話を大切にし、その人らしい妊娠・出産・子育てができるようサポートしていきます。
  8. 私たちは、生命の誕生というかけがいのない時間を寄り添う専門職として誇りと自覚を持ち、母子の明るい未来の為に責任を果たします。
  9. 私たちはお母さんと赤ちゃん、ご家族の強くてしなやかな絆を深める役割を果たします。
  10. 私たちは、地域のお母さんとご家族の課題解決の支援者となり地域活性化に貢献します。
  11. 私たちは、国際医療支援にも力を入れ、地球規模で活躍できる法人を目指し、世界に笑顔が溢れるよう活動していきます。
  12. 私たちは、常に自分自身の「使命」とは何かを問いかけ向上心を持ち続けます。
  13. 私たちは、使命を追求するチームであり、他者の価値観に理解と敬意を示し、共に高め合う存在を目指します。

当院の提携先医療施設

当院の提携先医療施設

緊急時に高度医療機関と連携し早急に対応できるよう体制を整えています

院内の様子

  • 当院で生まれた赤ちゃん
  • 個室
  • 個室
  • 入口
  • 廊下
  • 廊下
  • 外観
  • 外観

当院の提携先企業

当院の提携先企業

小川産婦人科は、企業と協力し事業を行なっています。

地域貢献事業

地域貢献事業1
地域貢献事業2
地域貢献事業3

医療法人れんげ会小川産婦人科では社会貢献活動の一環として、小中学校に出向き、子ども達に命の大切さを伝える『いのちの授業』をしています。
今後も、女性とその家族がその人らしく幸せであれるように、そして家族の新しいスタートが安全で幸せなものとなれるよう
精一杯サポートさせて頂きたいと思っております。

※いのちの授業とは、お子様たちに「自分自身の産まれてくる力」を伝え、生まれる力を再認識することで自尊感情を育むことを目的とした授業を開催しています。自分や他者のいのちの力を知って、いのちを大切にできる大人になって欲しい、自分で自分を幸せにできる大人に欲しいと願いを込めた授業を提供しています。

国際医療協力

国際医療協力

当院はインドネシア・バリ島にあるロビン・リムさんが運営する無料の助産施設:ブミセハット国際助産院を支援しています。ブミセハット国際助産院は24時間365日、貧しい妊産婦に無償医療を提供しています。
妊産婦死亡率が東南アジアで最低水準であるインドネシア。
ロビン・リムさんは、この窮状に立ち上がりました。私たちは、世界の周産期医療を支える1人として、ブミセハット国際助産院を応援しています。
ブミセハット国際助産院を運営するロビン・リムさんは、一般社団法人Earth CompanyのImpact Hero 2016受賞。2011年に”CNN Hero of the Year”を受賞。”Bayanihan Peace-builders Award”をフィリピン大統領より受賞しました。